生産設計課|生産設計・仮設計画・施工図作成なら株式会社アミック

生産設計課

ホーム ≫ 事業内容 ≫ 生産設計課

施工図とは?

設計者の作成した設計図の意図を施工者の立場に立ち、施工できるように表現しなおし、現場で建物を施工または製品を工場で製作するために作成した図面のことをいいます。

生産設計課で作成を行う主な種類

種類として「躯体施工図」「仕上施工図」の2種類に別れますが主なものとして(例外もあります)下記があります。

躯体施工図
:杭伏図、土間伏図、見上図、屋根伏図、階段躯体図
仕上施工図
:平面詳細図、天井伏図、タイル割付図、外構図

1.躯体施工図

「躯体施工図」とは、設計図書及び設計者の考えを明確にするため、仕上工事、建具納まり、取り付け金物などを考慮したうえでコンクリート外形と寸法を現場で施工できるように表した図面です。

2.平面詳細図

「平面詳細図」とは仕上材や建具納まりを考慮して詳細な寸法を入れた図面です。躯体施工図と平行して作成を進め、意匠・構造・設備・電気の総合的な問題点を洗い出しとりまとめる図面です。

3.タイル割付図

「タイル割付図」とは、タイルの寸法、目地寸法、貼り代を踏まえて割付図を作成して設計者及び施主の承認をとります。
それににより躯体のフカシ、建具躯体開口寸法など各所躯体寸法が決定しますので躯体図へのフィードバックが重要です。

アミックの施工図

作図者が現場に常駐して作成する場合と社内社員が社内で作成する(社内作図)の2パターンの体制をとっております。
施工図の性質上、現場常駐での作図がベストですが、現状、社内作図の依頼もありますので、社内作図の場合はできるだけ現場で決定した事項を随時情報収集することを意識的に心がけております。

例としては、建具製作図などメーカーが作成した施工図をできるだけ最新のものを入手するようにして、「躯体施工図」「仕上施工図」に反映するようにしております。

ページトップへ