施工管理課|生産設計・仮設計画・施工図作成なら株式会社アミック

施工管理課

ホーム ≫ 事業内容 ≫ 施工管理課

施工管理課とは?

建設現場において、工事現場における施工全体の管理(安全・品質・工程・原価・環境)監督を行う部署です。株式会社アミックの施工管理課は、施工管理業務の中でも品質管理に特化して業務を行っています。

施工管理課で行う主な業務

1. 施工管理業務及び施工管理補助業務

2. 品質管理業務(躯体・内装・最終仕上げ等)

1. 施工管理業務

工事が安全かつ円滑に進行するよう、工事現場で施工する作業員の方々を管理監督し、施工計画や予算の計上等の業務を行います。

2. 品質管理業務

2-1. 躯体検査

工事完了後、裏に隠れて見えなくなった部分が適切な施工であったことを説明する資料として、検査シート及び工事写真にして記録保存しておきます。これが、コンクリート打設前の配筋検査・配筋写真です。
いよいよ「設計図書」通りの躯体が打ちあがり、出来高検査が終了し内装工事が始まります。

2-2. 内装下地精度検査

品質管理に関する意識は、マンション物件を中心に年々高まる傾向にあります。エンドユーザー、デベロッパーをはじめ、各方面からの品質管理に対する現場への要望は強くなっています。当社係員の業務は検査担当監督員のサポートです。特に隠蔽部分の状況、下地の有無を検査し、記録保存しておくことを業務とします。

2-3. 内装仕上検査

最終の内装仕上チェック業務です。マンション物件ではエンドユーザーによるオプション対応・カラーセレクト対応等も含めて各機能等のチェックを行います。
エンドユーザーの目線での最終チェックを実施する業務です。

ページトップへ